便秘の原因や3つの種類・便秘を改善する方法について|Well Food Diet
HOME>info>便秘の原因や3つの種類・便秘を改善する方法について

病院に受診しよう

長期間便秘で困っていても病院で治療していない方は、どれぐらいいるのでしょう。それに、便秘は過敏性腸症候群と間違えやすい症状でもあります。なので、以下の情報を確認してから、一度病院で診察を受けて、治療を行うようにしましょう。

便秘や過敏性腸症候群について

便がどれくらい出なかったら、便秘になりますか?

排便が毎日出る方や2~3日に1回出る方等、排便の習慣は人により異なります。ただ、排便する際にキツかったり、強く力を入れないといけなかったりする場合は、便秘の可能性があります。

便秘と下痢の症状が出る病気は、どんなものが考えられますか?

便利や下痢の症状がある方は、過敏性腸症候群になっているかもしれません。それは、便秘や下痢が交互にくる様な症状です。なので、その様な症状がある方は、受診して治療を行うようにしましょう。

過敏性腸症候群は、通常の便秘症状とどんな違いがあるのでしょうか?

過敏性腸症候群は、通常の便秘と似た様な症状があります。しかし、通常の便秘と違って、お腹が痛くなったり、気持ち悪くなったりします。ただ、通常の便秘と見分けるのは一般人には難しく、便秘だと思っていても過敏性腸症候群だったという方は結構いるようです。

女性

いつものことと思わずに

便秘は若い時からついて回る症状です。便意を感じてトイレに行きスッキリすることは当たり前のことです。人間は食事をとり、栄養を吸収した上で体の中の不要な物を排泄します。排泄がない状態は健康ではありません。しかし、年齢を重ねるうちに便秘になる機会が増えていくことになります。不規則な生活や偏った食事、日々の生活のストレスなど様々な原因で便秘になってしまいます。しかし、便秘を侮ってはいけません。重大な病気の前兆である可能性もあるからです。

どんな状態なのか

便秘は弛緩性便秘と痙攣性便秘、直腸性便秘の三種類に分けられます。弛緩性の状況とは、大腸の筋肉が弱くなった結果、便の動きが悪くなって起きる状態を指します。痙攣性の場合は大腸が痙攣することで便を運ぶ働きが弱くなることで起きる状態になります。直腸性の症状とは、直腸の神経が様々な原因により感度が悪くなり、便が直腸へ運ばれてきても便意を感じなくなります。その結果、便が排出されなくなる状態を言います。これらの症状の原因は偏った食事や不規則な生活、運動不足など多岐にわたります。

不安を感じたら通院しよう

便秘は日常的に発生する状態なので、ついつい自己判断で対処してしまいます。しかし、病気が原因で便秘になってしまうこともあるので注意が必要です。便秘と下痢を繰り返す過敏性腸症候群が考えられる可能性があります。また、便秘の症状は大腸がんに伴うものであるケースもあるからです。

広告募集中